<< 大阪軍団 | main |

スポンサーサイト

  • 2011.05.02 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


楽しむってこと

 以前見た番組での言葉を想い出した。


黒谷友香

「今を厳(きび)しく、未来は楽しく、過去には優(やさ)しく、みたいな。

そういう風に、今は一生懸命やるけど、先の未来の事で変に憂(うれ)えないで

だったら今出来る事をやる。

そうするとどんどん、それが流れていって一歩先の自分みたいなのが、

凄く楽しく生きていってるのかなあ、とか思って・・・」








過去の自分にはやさしくありたい、それは変えようが無いから

今からなら変えられる。

未来をもっと楽しくしあわせなものに・・・

もっともっと楽しもう


自分が楽しめるようでなければ周りに居る人や周りで見ている人は

絶対に楽しめない。ましてお金を払うお客様はなおの事だ。


おれだったらやっぱり「楽しんでない人」と一緒に居たくない。


おれが楽しもう。先ず我先に楽しもう。

そう思った。


スポンサーサイト

  • 2011.05.02 Monday
  • -
  • 15:14
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
昨日11/28(月)入社面接を受た 三浦 周一です。
小生 1946.6 福岡県生まれの65歳です。
1965.4 高校卒業 日立建機(株)に入社、2008.6 定年退職しました。
日立建機はその名が示す通り、日立製作所の子会社で、建設機械の製造・販売・サービスを営んでいます。
小生は、入社以来一貫して修理・部品販売のサービス業務を担当してきました。
建設機械の他は何も知らいの’建機バカ’ですが(建機も良く分かってないかも!?)、今回、御社に応募し、第2の人生を歩むことにしました。よろしく、お願い致します。
さて、掲題の「楽しむこと」ついて ですが
「遊びは真剣に仕事は楽しく」が小生のモットーです。
麻雀の先積,ゴルフのマナーには厳しくありたいものです。
一方、仕事は習熟度,アプロ―チ 等の考え方の違いで上司・仲間と何かとギスギスしがちです。
仕事ではチーム(会社)が一丸とならないと相手(お客さま,仕入れ先 等)には勝てません。
その為の仕事は「楽しく」であります
日頃から自己研鑽と仲間とのコミュニケーションを大切にしたいものです。
11/29 20:30 三浦

  • shuichi miura
  • 2011/11/29 8:33 PM
「楽しきこと」 の第2段です
「楽しきこと」 との裏腹に仕事には苦しい一面があります。
「ある製品のある部位の原価低減を図れ」 との命題にグループで取り組んだ時の話です。
そもそも、設計者はコストフォーマンスを最大限に製品に反映しています。
従って、そう簡単には低減策は見つかりません。
現状の機能・コスト情報の収集・分析・評価して、代替案を作成する訳ですが、そのアイディアを出すのに苦しむのです。
ブレーン・ストーミング等で、その機能を徹底的に追求する訳ですが、自由奔放,誰かの案に分乗・結合しても目的まではなかなか、達するものではありません。想像を絶する苦しみです。
しかし、代替案が出来た時の充実感・満足感はなんとも言えません、「苦しかった」が、「楽しかった」に替わるのです。
このような活動が、VE(Value Engineering)です。
VEは製品の原価低減のみならず、システムや経営の改善にも使われます。
又の機会にVEの概念等を照会しましょう。
             12/2 三浦
  • shuuichi miura
  • 2011/12/02 9:52 PM
根岸丈士です。

楽しむことは大事です。
楽しむことにより様々な良いことが生まれます。
楽しいから頑張れるなどがそうですね。
私はアルバイトで笑顔がいいと言われたことあります。
アルバイトで楽しいと思えることがあるから
お客様からいいねと言われる笑顔が出来るのかなと思いました。
何事も楽しむことです。
  • 根岸丈士
  • 2012/01/28 6:03 PM
大野 由香です。
未来を楽しむ為、今を一生懸命生きるって素敵ですね。
今が未来につながって行くのですね。
だったら今この瞬間から、今まで以上に一生懸命楽しく生きようと思いました。
私の人生の中で、増田社長に出会えて、このブログを通して色々なことを学ばせて頂いたことは、本当に宝物です。
随分と前向きな考え方が身についた気が致します。
本当にありがとうございました。
  • 大野 由香
  • 2012/08/01 6:33 AM
小宮優枝です。
未来を心配する事は時間の無駄です。
心配する時間があるなら、心配しないで済む様に、今を頑張ればいいのです。
今が未来に繋がっているのですから。
ただ、未来の為に、苦しんだり、嫌々頑張っても良い未来は来ません。
楽しんで、今、出来る事を精一杯する事が、楽しい未来をつくる事です。
わかってはいますが、ついあれこれ心配したり、将来の為とつらい顔をして頑張ってしまうので、気をつけようと思います。
  • 小宮優枝
  • 2014/06/21 12:06 PM
過去の自分には優しく。今は厳しく。未来は楽しく。何とも共感できる言葉です。
今の頑張り次第で未来はいくらでも変えることができる。だから、楽しい。
今の自分はどうだろうか?
まだまだ、やり残したことがたくさんあるのに目を背けているような気がする。
今回の課題で多くの気づきを得た。
さて、何からはじめようか。
牧野綾子
  • 牧野綾子
  • 2014/07/01 1:48 AM
今を厳しくできることをする。
そうすれば楽しい未来がある。
楽しく素敵な未来を迎えるために自分を甘やかさず精一杯できることをしたいと思いました。
でも・・・、今も精一杯楽しみたいです。

宮沢七重
  • 宮沢七重
  • 2014/07/04 11:04 PM
未来で楽しい時間を過ごせるよう、今を厳しく生きる、とても素敵な考え方ですね。
未来を楽しいものにするために、人生の目標にしたいと思いました。
過去も、今も、未来も全て繋がっています。未来のことを考えていても何も変わらないので、私が今出来ることを一生懸命に頑張りたいと思いました。
私はこのブログを拝見してなんでもやってみよう!とポジティブな人間になれました。
これからは未来のためにも、前向きに、貪欲に挑戦していきたいと思います。
福田誠弓
  • 福田 誠弓
  • 2014/07/05 5:28 PM
楽しかったです。

仕事に行く前と仕事から帰ってブログを読のが楽しみでした。

カラカラのスポンジにどんどん水が吸収してい行く様でした。


あまり思い出すことがなかった過去の事を思

い出してよく考えて見て自分のことが改めて

分かった気がしました。これからも今を一生懸命生きたいなと思います。


この1週間とても充実していました。

終わると思うとさびしいです。




本当に有難うございました。

大山玲子





  • 大山玲子です
  • 2014/07/07 9:52 AM
「自分が楽しんでいないと一緒にいる人は楽しめない」
まさにその通りだと思いました。
これは遊びや仕事など、すべてにおいていえるものだと思います。


まず自分が楽しむ

本当に大切なことだと思います。なかなか行動に移すことは難しいところもありますが、心がけることが大切です。
私もそうしようと思いました。


鈴木美菜
  • 鈴木美菜
  • 2014/07/09 1:13 AM
皆さん。コメントありがとうございます。
一つ一つ読ませていただいています。
  • 相沢陽子
  • 2014/07/09 5:39 PM
自分が楽しめるようでなければ、周りも楽しめない

その通りだと思います。

何事にも楽しんだもの勝ちですね。

ブログを拝読させていただいて、1週間が経ちます。

勉強になった事、気づかされた事、多くの事を学ばせていただきました。

そして自分自身についてよく考ええるようになりました。

感謝致します。

増田社長のブログで学んだ事、今後に活かしていこうと思います。

有難うございました。

鵜飼友利恵





  • 鵜飼友利恵
  • 2014/07/10 9:45 AM
楽しむ事は心を解放しリラックスしている状況ですね。
気を追う事無く、背延びする事なく、常に冷静で自然体でいられる時はきっと何事も楽しめますね。
仕事も遊びも常にそんな気持ちでトライしたいと思いました。
  • 岩崎和美
  • 2014/07/10 12:05 PM
未来をもっと楽しくしあわせなものに・・・もっともっと楽しもう
お仕事もそうですが、何事も楽しめないと周りの方も楽しくありませんね。
未来を楽しいものにするために、今を厳しく、今できる事をやろう!
私もそうありたいと思いました。

  • 篠崎
  • 2014/09/02 1:11 AM
このブログが最後だったのですね。

たくさんのブログを拝見させていただき、共感したこと、気付かせていただいたこと、たくさんたくさんありました。
社長に出会えて、キセキが起きたような、そんな衝撃的な気分です。
こんな短時間で自分の過去を振り返り、そして未来の自分のあり方を深く考えたことはなかったように思います。
物事の捉え方や考え方が大きく変わったような気がします。

ありがとうございました。
  • 篠崎
  • 2014/09/02 1:17 AM
未来をもっと楽しくしあわせなものにしたいと思ったら、まずは自分が楽しまなければいけませんね。

これまで社長のブログを拝見させていただき、学ぶこと、今後実践していきたいと思うことがたくさんありました。
有言実行できるよう頑張りたいです。
  • 井上久美
  • 2014/11/12 9:17 AM
テスト
  • 相沢陽子
  • 2015/08/16 3:47 PM
西川です。
今の自分は楽しめているか。自信は持てません。しかし、何かにのめりこめれば、きっとそう思えるのだと感じます。
  • 西川です!
  • 2015/08/26 7:57 PM
1週間という短い期間でしたが、有意義な時間を過ごすことが出来ました。今回の貴重な経験を忘れず、今後の社会人生活に活かしていきたいと思います。

ありがとうございました。
  • 三國
  • 2015/09/18 11:34 AM
柴入加奈です。
自分が楽しんでないのに他の人を楽しませるなんて無理ですよね。人生1度きりなので今できることをしてめいいっぱい楽しもうと思いました。
そして短い間でしたが社長のブログを拝見させていただいてとても勉強になること気づかされたことが沢山ありました。この経験で学んだことを今後に活かして一社会人として成長していきたいと思います。ありがとうございました。
  • 柴入加奈
  • 2015/12/26 11:56 PM
過去はもうここにはないし、未来もまだここにはない。私たちが大切にすべきはやはり現在なのだと思います。
時間の概念については様々な偉人たちがたくさんの格言を残していますよね。このページを閉じたら、すこし調べてみようかと思います。
「楽しむ」という言葉、スポーツでいえばトップアスリートほどこの言葉を使う気がします。たとえばオリンピック選手たちのインタビューでは「楽しむ気持ちを忘れず…」という言葉は頻繁にでてきます。
こんな世界の大舞台で尚楽しむ余裕があるなんてすごい。どんな精神状態なんだろう?と思っていました。きっと楽しむために毎日血の滲むような努力をしてきたのでしょうし、本来楽しくてやっているものだという初心も忘れずにいたのでしょう。社長のブログをすべて読み終えた今、そんな風に思いました。
わたしも仕事を楽しいと胸を張って言えるような、そのための努力ならば惜しまず続けられるような、そんな人間に成長していきたいです。
  • 和田
  • 2016/01/04 1:07 AM
中村祐子です。

『サービス精神とはなにか』ということをよく考えます。
サービス精神の定義を言葉で表現しようとするととても難しいです。人それぞれの価値観があるからです。

人は自分の鏡。

自身が必要以上に気を使えば相手にも気を使わせてしまう。
緊張すれば相手にも伝わってしまう。
手を抜けばそのお客様は二度と来てくれないかもしれない。

自分が楽しめばお客様にも伝染する。

自分が楽しむということはホスピタリティの本質のように感じます。

  • 中村
  • 2016/02/07 12:43 AM
楽しんでいる人と一緒にいると、こちらも楽しくなりますよね。
私も楽しさを伝染させられるように、何事も楽しめる人でありたいです。
  • 山本 絵美
  • 2017/03/14 2:41 PM
森島です。

人生積み重ねてきて、やっぱり

自分の未来を楽しいものにする!

と意識するのってとても大事だと感じています。

今が辛すぎて、想像・創造できないと

負のループから抜け出せないように思います。


今を律して生きてきたからこそ

過去の人生を出会った人に、ものに感謝して

心わくわくと未来を楽しく過ごせるように取り組むほうが

自分も周りの人も絶対愉しい。



私は

「キャンドルサービスをしていく灯」

となって周りも明るく・あったかくしていきたいです。
  • 森島 史美
  • 2017/04/03 10:59 AM
物は考え様 という言葉がありますが、同じ事をするのでも、辛い、辛い、と考えながら、あるいは楽しみながらするのとでは雲泥の差が出るでしょ。楽しみたいです。
  • 渡邉初代
  • 2017/05/03 10:33 AM
「人は悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しい」
と言われています。
であれば、
笑う門には福来る!
笑っていれば、楽しい人生が、幸せがやってくる!
楽しい人生を送りたいものです。
  • 田邉洋子
  • 2017/05/06 8:01 PM
過去は変えられないけれど、過去の自分に優しくすることはできる気がしました。
今の自分に厳しく、未来の自分が楽しむために。
これからもよろしくお願いします!
  • 中鶴静香
  • 2017/10/30 10:00 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック